眼鏡の選び方
眼鏡を選ぶ時に大切なのがデザインよりも大きさです。顔にあった大きさを選ぶとよりフィットする一本を見つけることができます。
眼鏡を選ぶときには、顔の縦幅と横幅に注目します。
顔の縦幅は眉から顎の先までを長さを基準にしてこの長さの1/3の割合で収まるのが理想的です。
顔の横幅の一番広い所と眼鏡の横幅とが同じになるのが理想的です。少し眼鏡の幅が狭くても良いですが、大きいのはあまりお勧めできません。
大きい人
顔が小さくみえるように眼鏡の縦幅は広く、デザインは直線的な物がお勧めです。
丸顔の人
顔を長く見せるのがポイントで、眼鏡の縦幅は狭くデザインは直線的な物がお勧めです。
面長の人
顔が短く見えるように眼鏡の縦幅は広く、デザインは曲線的な物がお勧めです。
四角顔の人
四角顔の人が直線的なデザインを選ぶともっと強調されてしまうと言われています。角ばった印象を抑えるために、曲線的なデザインがお勧めです。
フィッティング
快適な掛け心地はフィッティングから!
眼鏡の掛け心地がぴったりでなければ、眼鏡は完成とはいえません。ウォークグループでは、眼鏡を心地よくご使用いただくため、フィッティングを大切にしています。
フレームで印象で変わる
セル
ナイロール
ツーポイント
メタル
お子様の眼鏡の選び方
小さなお子様は上手に使用していても、フレームは変形しやすいです。お勧めはメタル枠でテンプルに弾力性のあるフレームです。このようなフレームは比較的変形しずらく、掛け心地も良いです。
また、レンズが枠で囲まれてますので、ひび割れする事もめったにありません。
シニア用眼鏡の選び方
40代以上の方にはさまざまなレンズも用意されています。
遠近両用レンズ
遠くから近くまで見える
中近両用レンズ
手元から3~5m位の範囲で見える
近近両用レンズ
手元がやや広い範囲で見える