眼鏡レンズ選びのポイント
眼鏡の効果が期待される場面の例
遠用・近用・遠近両用メガネについて
大きく分けて3種類のメガネがありますので、メガネを合わせる際にはまずどんな時に見えにくく困っているか、眼科やお店の方と相談すると良いと思います。
遠用メガネ
一般的に5mくらいから先の物を良く見えるようにするメガネです。
注意
40才代以上の方では近くが満足に見えない場合があります。
近用メガネ
一般的に30〜50cmくらいの物を良く見えるようにするメガネです。
注意
近用メガネを掛けると手の届かないところの物ははっきりと見えなくなります。
遠近両用メガネ
境目のない累進レンズ
境目が無いため、他の方からは遠近両用かどうかはわからないようになっています。
注意
見え方の慣れが必要で、遅くなって累進レンズを使うと、近くの視野の狭さ左右の強い歪みやボヤケに直面し、違和感を感じるケースが多くなります。
境目のある二重焦点レンズ
レンズの下の方にポケットの形の様な小玉が付きその部分で手元を見やすくするレンズです。遠近両用が初めての方でも比較的慣れやすいといわれています。
注意
階段の下りや道路の段差など小玉が視界に入り邪魔になる場合があります。
プラスチックレンズとガラスレンズの長所と短所
プラスチックレンズとガラスレンズには、それぞれに長所と短所があり、どちらが良いかは一概に言えません。両方のレンズの特徴を知り、ご自分に適している方をお選びください。
レンズの軽さ
傷
熱
衝撃
こんな人にオススメ
プラスチックレンズ
  • お子様、小、中、高校生、スポーツをする方
  • レンズカラーを楽しみたい方
  • 軽いメガネがお好みの方
  • 紫外線カットをしたい方
  • フチ無しのメガネが欲しい方
ガラスレンズ
  • ホコリの多い場所で働く方
  • 傷つきにくいレンズが希望の方
  • 高温の場所で働かれる方
  • 強度近視の方